二兎を追う者は一兎をも得ずなのか?

婚活を行うなかで「二兎を追う者は一兎をも得ず」なのか?

それとも「二兎を追う者は三兎目が現れる」なのか(笑)

die-hasen-leporidae-19da88f0-11ce-4dde-b6de-874d5643b1e4-825x510

どちらなのでしょうか?正直人それぞれかもしれませんね。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」は欲を出して同時に二つのことをうまくやろうとすると、結局はどちらも失敗することのたとえですね。ご存知の通りです。

「二兎を追う者は三兎目が現れる」はかの有名な石田純一先生の名言ですが1人に絞らず2人の女性とも狙いを定めなさい、さもすれば3人目も現れるからという、すごい論理の名言です。当時はめちゃくちゃだなと聞いていましたが、今なら婚活に当てはまります。

お見合いの回数は場の雰囲気に慣れるという意味と自分と気が合う異性を多くから探せるという意味から多い方が良いと言われています。

しかしそれはあくまで上記2つの理由であります。お見合いをすればするほど、「もっと良い人がいるかもしれない」という気持ちになって二兎を追う者は三兎目が現れる状態になります。

この状態に陥ると「婚活迷子」になります。どうしたら良いかわからないよー!誰が自分と合うかわからないよー!という事になります。

自分とその人が合うかどうかは分かりません。必要なのは自分がその人と合わせていく決意です。この人と生涯を共に生きようという気持ちです。

なので一番あたまの話に戻りますが一番重要なのは

「最初は何兎いようが構わないができるだけ短期間に一兎に絞り、絞ったらその気持ちを貫き通す」

ですかね。個人的な意見ですけどまあまあ当たっているかなと思います。。

分かっちゃいるけど、行動に移すのは難しいという心の声も聞こえます。

一緒に悩みながら婚活をするので大丈夫ですよ、一度ハルクルに問い合わせてみて下さいね。

【婚活は「婚活を始めるのを悩むこと」がスタートです。結婚相談所は福岡のハルクルは初めての婚活に最適です。まずは無料相談へお越し下さい。】

☟無料相談の空状況のカレンダーはこちら☟6090

 

Follow me!

投稿者プロフィール

園田充孝
園田充孝ハルクル代表
福岡で結婚相談所を運営。(1980年生まれ。)

初めての婚活で1歩が踏み出せない方や金額に躊躇している方にお勧めの低価格の結婚相談所です。
まずは結婚相談所というシステムや業種を知ってほしいです(^^)/

出会いの数を増やすこと。まずはそこからがスタートです。

プライベートでの出会い、仕事関係の出会い
そして新しいもうひとつの出会いをハルクル福岡がつくります。
出会いの間口を広げて運命の出会いの確率を上げましょう!
どんな些細な事でもお気軽にお問合せ下さいませ。
少しでも婚活のお役に立てると幸いです。