結婚が決まってから入籍まで失敗しない為に【親対策】

これから年末にかけて成婚退会が多くなります。
結婚相談所の役割は成婚退会で終わりとなります。
大きなお世話かもしれませんがその後の入籍までの話をしたいと思います。

「結婚相手を探すこと」と「結婚までスムーズにいくこと」は別物

やっと巡り合えた運命の相手が見つかりほっと一安心といきたいところですが、成婚退会後から入籍までの間に大きな課題があります。

これは結婚相談所だけでの話ではなくプライベートで出会った方、これから結婚する方全てが当てはまります。

結婚相手を見つける事はゴールしましたが入籍までの道のりがスタートしたことになります。

お互いの親の存在

結婚は2人だけのものではありません。

家と家が親戚関係になります。

お互いの親の存在はとても重要になります。

親は子供の事が心配で子供は親に納得してもらいたいもの

親が一番望むものは子供の幸せです。

子供の結婚といったら最大の出来事です。心配で心配でたまらない親も多いわけです。

それ故、子供の婚約者に対して普段よりも厳しい目でみたりしてしまいます。想像つきますよね。

そして子供は親に結婚を納得してもらいたいのです。

親が主導権を握るのは良いが前に出ない方がよい

結婚が決まると結婚式やら日取りやら親がリクエストしてくる事は多いです。結婚は世代や地域によって常識が異なりますので、お相手の家と意見が合わないことも出てきます。

「子供にすべて任せましょう」という親同士であれば問題はありませんがそうもいきません。

そこで面倒だからと親任せにしてしまうと親が結婚相手に連絡をしたり、親同士で話を進めたりする事が出てきます。

これはあまり望ましいことではありません。

結婚までに話がこじれてしまう原因の多くは親絡みです。

自分たちの想いとは逆に話が変な方向に進んでいきます・・。

親は良かれと思って行動しているのに悲しいですね。

大事なのは根回し

自分の親の事は理解していると思いますので結婚となったときの言動は想像がつくと思います。

その為に2人で自分の親の事はしっかりと話し対策を練りましょう。

特に人間は同性の目は厳しいもの。男性は女性のお父さん。女性は男性のお母さんです。

婚約者はとても緊張していますのでフォローする気持ちで挑んで下さい。

また事前に自分の親に婚約者の人柄等伝えておくことで親もリラックスして会えるでしょう。

親も緊張しています。

親への挨拶や結婚の段取りを親に伝える事は2人で迎える1回目のイベントです。協力することで絆も強くなるでしょう。

相手任せだったり親任せはなるべく避け、自分が間に入ってうまく調整するという気持ちでいるとスムーズに事が運ぶ可能性が高まります。

 

身内でもなく友達でもないあなたの婚活サポーターです。

婚活は「婚活を始めるのを悩むこと」がスタート。

結婚相談所は福岡のハルクル(←HPです)は初めての婚活に最適です。

まずは無料相談へお越し下さい。

☟無料相談の空状況のカレンダーはこちら☟6090

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

園田充孝
園田充孝ハルクル代表
福岡で結婚相談所を運営。(1980年生まれ。)

初めての婚活で1歩が踏み出せない方や金額に躊躇している方にお勧めの低価格の結婚相談所です。
まずは結婚相談所というシステムや業種を知ってほしいです(^^)/