【婚活】会っていない時にすれ違う事が多い

会っていない時にすれ違う事が多い

結婚相談所のカウンセラーという立場上、婚活を外側から客観的に見ています。

お見合いをして交際に進みます。

男女ともに多い違和感がひとつあります。

それは会っていない時のフィーリングが合わないことです。

つまりメールの頻度や内容、電話の頻度などです。

あと連絡をしてくる時間帯などもそうです。

今までしてきた恋愛のテンポや生活リズムが違うので会っていない時の違和感は少なからずあるはずです。

その違和感が大きすぎると交際終了の決断をすることになります。

実際に会っている時はとても良いのに会っていない時が自分と合わないという悩みを持たれている方は多いのです。

解決方法を2つ提案します

では解決方法をお伝え致します。

①結婚したら一緒に住むので連絡などはあまりしない

とても重要ですがあまり気付いていないことが多いです。交際中は離れているので連絡をするのですが結婚後は同じ家に帰ってきますのであまりメール等はしなくなります。

実際に会っている時に心地よい相手であれば実際に会っている時間が今よりも長くなります。
この考え方で解消される事は多いです。

 

②その違和感を相手に伝えてみる

こんなに頻繁にメールできない・・とか
もっとメールをしたい!
もっと早く返信してほしいなどの自分の希望を相手に伝えてみましょう。

「うん、そうしようか」と秒で解決することもあります。あんなに長く悩んでいたのにです。
仮に「いやそれは絶対ムリ」と言われてそれが自分が譲れない価値観だった場合、そのお相手とはご縁がなかったということです。それに早く気付けたと考えましょう。

 

成婚までの交際期間はお互い気を使い我慢することも多いです。

ただし本当にお互いの距離が縮まる時はお互いの気持ちを伝えた時です。このような交際をしたいとか相手への要望ですね。

これをお互いで話し合えた時に距離は縮まります。

なぜかというと「自分の気持ちを言えた相手」になり、交際相手からすると「自分に本心を言ってくれた」となるからです。

 

最初からペースが合うカップルはいません。
二人のペースは二人で築くものになります。結婚生活はもっとそれが必要です。

ペースがある程度合う人でこの人となら話あいながらやっていけそうと思える相手がベストパートナーなのかもしれません。

 

婚活は「婚活を始めるのを悩むこと」がスタートです。

結婚相談所は福岡のハルクルは初めての婚活に最適です。

まずは無料相談へお越し下さい。

☟無料相談の空状況のカレンダーはこちら☟6090

Follow me!

投稿者プロフィール

園田充孝
園田充孝ハルクル代表
福岡で結婚相談所を運営。(1980年生まれ。)

初めての婚活で1歩が踏み出せない方や金額に躊躇している方にお勧めの低価格の結婚相談所です。
まずは結婚相談所というシステムや業種を知ってほしいです(^^)/