敬語をやめるタイミング【婚活交際・結婚相談所】

敬語をやめるタイミング【婚活交際・結婚相談所】

婚活の交際で意外と悩むのが敬語をやめるタイミングです。

そもそも敬語はやめるべきなのか?という問題もあります。

人によっては敬語のほうが楽だから敬語のままが良いという方もいますが一般的には敬語をやめたタメ口のほうが距離が近く親近感を感じます。

よって敬語をやめるという方向で考えてよいです。
※人によってはタメ口が嫌な人もいますので見極めも大切です。

 

敬語のやめ方

敬語のやめ方ですが方法は2つです。

一つ目は徐々に変えていく

例えばあいさつから「おはようございます」を「おはよう」に変えるとか、敬語で話す割合を少しずつ減らしていくことです。
時間はかかっても違和感なく敬語からタメ口に変えることができます。

二つ目はタメ口を提案する

「お互い気軽な感じで話せた方がお互いのことがよく分かるような気がするので敬語でなくタメ口で話しませんか?」という提案です。
これは分かりやすくお互いが了承した場合気兼ねなく敬語をやめることができます。

婚活の場合短い時間で距離を縮めていかないといけないのでどこかのタイミングで敬語をやめる提案をするのが良いかなと思っております。

 

敬語をやめるタイミング

敬語をやめるタイミングは後になればなるほど難しくなりますので早い段階で変えてしまった方が楽です。

お見合い当日で話が盛り上がって敬語をやめたカップルもいますがこれは異例です。

多くの人が「馴れ馴れしい・・」と不快感を覚えると思いますので交際成立後、お互いが慣れてきた頃が良いです。

これに関しては二人の関係性になりますので2回目のデートでとか3回目以降でとかパターン化せずにそろそろいいかな?というタイミングが一番です。

 

ついでに呼び方もかえる

そのタイミングで呼び方を変えるのも良いです。

苗字でお互いを呼んでいたのを下の名前の「〇〇さん」「〇〇くん」「〇〇ちゃん」とかあだ名を聞いてあだ名にしてみたり。

 

婚活の交際で必要なことは短期間で心の距離を縮める事です。

敬語をやめるというのはそのひとつでもあります。

今まで敬語を貫いてきた方は敬語をやめてみるだけでも違った感覚になると思います。

 

婚活は「婚活を始めるのを悩むこと」がスタートです。

結婚相談所は福岡のハルクル(←HPです)は初めての婚活に最適です。

まずは無料相談へお越し下さい。

☟無料相談の空状況のカレンダーはこちら☟6090

Follow me!

投稿者プロフィール

園田充孝
園田充孝ハルクル代表
福岡で結婚相談所を運営。(1980年生まれ。)

初めての婚活で1歩が踏み出せない方や金額に躊躇している方にお勧めの低価格の結婚相談所です。
まずは結婚相談所というシステムや業種を知ってほしいです(^^)/